日本の金星探査機あかつきが気象の謎に迫る

日本としては初めてとなる地球以外の惑星を回る軌道に入ることに成功した金星探査機あかつきが、金星の気象の謎に迫ることになります。

実は一度は金星を回る軌道に入ることに失敗している金星探査機あかつきが、再チャレンジして金星をまわる軌道に入ることに成功したのです。

あかつきに搭載されている6つの観測装置によって、本格的な観測が開始され、金星の気象の謎に迫る予定なのだそうです。

金星と地球のおサイズはほぼ同じで、誕生した時期もほぼ同じであることから、どうして地球との環境が違うかも謎とされています。

なんと時速360キロの猛烈な風が吹き荒れ上空を硫酸の雲で覆われているという金星の過酷な環境、今後の研究結果の発表が注目されています。